トップ / 腰回りに脂肪がつきやすい理由

魅力的なくびれの作り方

腰回りに脂肪がつきやすい理由

脂肪がつきやすい原因はコレだった

腰回りの脂肪ボリュームが増えるとくびれが無くなります。シルエットにメリハリが無くなると、一気に見た目年齢が上がってしまいます。

しかし困ったことに、女性は腰回りに脂肪が付きやすいようにできています。お腹には女性にとって大切な臓器である子宮がありますし、それを守るために蓄えられやすくなっています。また、日常生活で動かす機会が少ないところですので、一旦脂肪が成長してしまうとなかなか落としにくいという難点もあります。

油分や糖分の摂取量が多いと、当然脂肪は溜まりやすくなります。若い時は油分や糖分が多い食べ物を気にせず食べても、一気に太ってしまうことは無かったかもしれません。

しかし、年齢を重ねると筋肉量が低下傾向になり基礎代謝も落ちるため、消費しきれないエネルギーというのもが増えてしまいます。そうすると、脂肪として蓄えるほかありません。元々腰回りには筋肉が少なくエネルギー代謝が悪いので、一旦蓄えられてしまうと、落としにくいという厄介な面があります。

腰回りの贅肉は、意外にも姿勢の悪さも関係しています。腰に脂肪がつきやすい、と感じる人の多くは、猫背や反り腰の姿勢を取っているケースが多いです。猫背・反り腰の両方に言えることですが、腰が落ち、尾てい骨が内側に入り込んでしまいます。

これはお腹の力が完全に抜けてしまっていることが原因です。猫背や反り腰にならないために、日頃からおへそを背中にくっつけるようなイメージでお腹を引くように心がけましょう。そうすると自然と良い姿勢をとることができます。

腰に脂肪が溜まりやすい原因として、腰の冷えも無視できません。
女性は男性と比較して筋肉量が少ないため、熱を発生させる働きが弱いです。それに加え、月経により体から多くの血液が失われてしまい、熱を体中に熱を運搬する機能も低下してしまいます。これらが女性の体が冷えやすい主な原因です。

体は温度の低い部分に脂肪を溜めやすいという性質を持っていますので、腰回りも冷やせばどんどん脂肪が成長してしまいます。

Copyright © 男性は胸よりくびれが好きだった. All rights reserved.